研修部 西口陽子さん coco鍼灸院院長 森ノ宮医療学園専門学校出身 | 関西大阪での鍼灸・経絡治療の勉強会・セミナー、(一社)東洋はり医学会関西


Voive

会員の声

入会の動機
研修部 西口陽子さん coco鍼灸院院長 森ノ宮医療学園専門学校出身

入会動機

鍼灸の資格を取っても治療家にはなれないと日々痛感する。
学校のカリキュラムで学んだのは基礎だけだったと、卒業して臨床に携わり初めて分かった。また何を学ばなければならないのかが見えてきた。
治療は考え方、手技も様々で、数ある鍼灸治療法の中から、自分に合った治療を見つけるのは困難である。
在学中に経絡治療のゼミに参加していた。治療穴が少ない事、証が少なく選択しやすい点から、初めてでもすぐに治療に参加出来た。また技術に自信が無くても、刺入の深さも浅く、刺激が少ないのであまり痛みを与えなく鍼を打てるという点も安心があった。
卒業後、経絡治療の勉強を続けるか迷ったが、就職した治療院での治療は、経絡治療よりも中医弁証に基づき証を立てている方が多いため、先に中医弁証で証を立て、治療穴を考える方法を勉強しようと考えた。また休みの日に行ける勉強会には、時間、金銭の面で制限があった事も理由である。学校を卒業して3年が経ち、独立開業を考えるようになった。今後開業するにあたり、より多くの疾患、一人でも多くの患者の治療が出来るようになりたいと思い、治療方法、考え方、手技を学びたいと思った。そこで、在学中少し触れた経絡治療を修得できるようになりたいと思った。
勤務先の院長もこちらの学会で学び、穴の取り方など手技を丁寧に教わったと聞いた。
院長の勧めと、前回例会に聴講生として参加させて頂き、先生方の熱心な指導と、講義が充実されている点でこちらの東洋はり医学会を選んだ。