第47回日本伝統鍼灸学会学術大会一般口演で白川、榎本両理事が躍動!!! | 関西大阪での鍼灸・経絡治療の勉強会・セミナー、(一社)東洋はり医学会関西


Information

お知らせ

2019.12.05

第47回日本伝統鍼灸学会学術大会一般口演で白川、榎本両理事が躍動!!!

第47回日本伝統鍼灸学会学術大会

白川、榎本両理事が躍動!!!

11月23日・24日に東京都タワーホール船堀で開催された、第47回日本伝統鍼灸学会学術大会一般口演で、当会理事の白川未奈先生と榎本寛先生が症例を発表しました。

関西発→東京経由→ニッポンへ

白川先生は不妊鍼灸、榎本先生は小児発達障害の症例を堂々と発表され、(一社)東洋はり医学会関西STYLEによる脉診流経絡治療の可能性を世に発信されました。

あまりの素晴らしさに最前列で聴かれいた中野先生が、思わずスタンディングオベーションをされたそうです。

会長曰く「考える前に細胞が反応してしまった(^^ゞ」とのことでした。

 

応援に駆けつけた、中野会長(後列右)、宮田あずさ聴講部長(後列左)、宮脇ゆかり事務局長(後列中央)。

みなさまへ

両先生の発表パワーポイントのPDFファイル版を以下からご覧いただけます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無月経から妊娠に導いた症例 

白川未奈

「無月経から妊娠に導いた症例」白川未奈(白川鍼灸院院長・一般社団法人東洋はり医学会関西理事・総務部長)

白川 未奈 先生

 

小児発達障害の表出言語障害についての一症例 

榎本 寛

「小児発達障害の表出言語障害についての一症例」榎本寛(かんわ鍼灸院長・一般社団法人東洋はり医学会関西理事)

榎本 寛 先生